あなたは何を使っていますか?ピック1つで音作りが変わる!?

ギタリストの方は、誰もが使用されているピックですが、皆様はピックに拘りを持たれていますか?

実際にピックを試奏してみて、自分の弾き心地に合うピックを使用されている方が多いですが、ピックには様々な種類があり、形状・厚み・素材によって、サウンドが変化します。

今回は、形状・厚み・素材について解説した上で、ピックの選び方を解説したいと思います!



形状について


ピックの形状は大きく分けて、ティアドロップ型、トライアングル型、ジャズ型、サムピック型の四種類があります。


演奏スタイル、握りやすさ、ジャンル、選ぶポイントは様々ありますが、それぞれの種類に特徴があります。


*ティアドロップ型*

涙のような形をしていることから命名され、もっともポピュラーな形のピックです。

弦に接する面積が少なく、軽い力でピッキングすることが可能で、コード弾き、メロディ弾き等、あらゆるプレイスタイルに柔軟に対応できます。


*トライアングル型*

「おにぎり型」とも言われており、指が触れる面積が大きいので、コード弾きを多用するギタリストに好まれています。

また、先端部分が3箇所あるため、「ティアドロップより3倍長持ちする」という経済面での大きなアドバンテージがあります。


*ジャズ型*

ジャズ・ギタリストが好んで使用される事が多く、ティアドドロップ型より、さらに先端を尖らせた形状のピックです。

より少ない力でピッキングすることができるため、ジャズだけでなく、速弾きなどのテクニカル系ギタリストにも多く愛用されています。


*サムピック型*

親指(サム)に装着して使うことから名付けられ、主にアコースティックギターで用いられるフィンガーピッキング用のピックです。

親指で低音をピッキングし、残りの指でアルペジオを奏でる使い方が一般的ですが、近年ではタッピングを多用する技巧派プレイヤーが愛用する例も見られます。



厚みについて


ピックの厚さによって、弦を弾いた際のレスポンスが変わり、薄く柔らかければレスポンスが遅く、厚く硬ければレスポンスが早くなります。

また、弦を弾く際に生まれるアタック音にも影響し、柔らかければ控えめな音、硬ければハッキリした音になります。


レスポンスが良く、繊細な音も出したいという方は、厚めのピックを使用しつつ、手の動きをコントロールし、繊細なサウンドを出します。


THIN(シン)、SOFT(ソフト)・・・0.5mm以下


ロックなジャンルで使用される事は少なく、アコースティックギターのストロークなどに使用される方が多いです。


サウンド的にはペチッとしたアタック音で、中低域の少ない明るいサウンドを出してくれるので、アコースティックギターとの相性は良いですが、 ピックがとてもしなるので速いフレーズには向いていません。


MIDIUM(ミディアム) ・・・0.7mm~0.9mm


全体的にバランスが良く、ストロークからアルペジオまで、幅広いプレイスタイルに対応しています。


HARD(ハード)、HEAVY(ヘビー)・・・1mm以上


中低域が充実しており、多数の方がこの厚みのピックを使用されています。

ピックのしなりも少なく、速いフレーズにも対応する事ができ、弾き語り、ハードなストロークに対しても十分なパワーを発揮してくれる厚さです。



素材について


ピックの素材を変えることで、硬さ、音色が変わり、同じ厚みでも素材が違えば硬さも違います。また、弦を弾いた時の感触も、厚さと同じく違ってきます。


セルロイド

サウンドはハイミッド寄りで、柔軟性があり、扱いやすく、古くからジャンル問わず使用されています。

ピックの中で一番ポピュラーな物で、多少ザラつきがあるので、ツルツル滑ることもありません。


ナイロン

サウンドはローミッド寄りで、アタック感が弱く、多少滑りやすいですが、硬めな素材なので摩擦に強いです。


デルリン

軽い材質なので、耐久性が若干低く、削れやすい印象です。

ツルっとしていて滑りやすいですが、輪郭があり、シャープなサウンドとなっており、なめらかなピッキングが可能です。


トーテックス

ざらついた手触りで、すべりにくく、耐久性もあり長持ちです。

ミドルが強調されたカラッとした音が特徴で、アルペジオなど、1音1音をしっかり鳴らしたい方にオススメです。


ウルテム

べっ甲や人の爪に似た材質で、セルロイドに似ていますが、音の立ち上がりが良く、バランスが良い音です。


べっ甲

様々な素材の中で、べっ甲は高価で、ツヤのあるミドルサウンドを出してくれます。

しなりが良く、ピッキングニュアンスが付けやすいですが、天然の素材であるため、個体差があります。


アクリル

厚く、硬い素材を使用する事により、一般的なピックに比べ耐久性が高く、弦を弾く際にピックのしなりが少なくなり、ピッキングの回転を高め、素早いピッキングが可能になる事で、速くラウドなプレイにも対応しています。


ピックの選び方


まずは基準のMedium(約0.7mm)から使用し、よりパワー感、低域の力強いサウンドを求める方はHeavy(約1mm)を、柔軟でソフトなサウンドを求める方はThin(約0.5mm)を試し、形状はティアドロップ型とトライアングル型の両方を定期的に交換して使用し、自分に合った形状があれば、そこから様々な材質のピックを試しましょう。


ピックは、サウンドメイキングを行うにあたって重要なアイテムの1つであり、曲によってピックを変えるギタリストも多数います。

それだけピックは、曲の印象、弾き手の表現力を変える事ができる物なのです。


以上、今回はピックについて解説させていただきました!


ピックによって得られるサウンド、感触、持ちやすさなど、様々な条件がありますが、まずは使用してみて弾きやすいと思える物を選ばれる事が一番良いと思います。

また、気分次第でピックの種類を変えてみると、出てくるフレーズ、サウンドのアプローチに変化がありますので、是非、様々なピックを試してみてください。

​other CONTENT

about COMPASS

​大阪府茨木市小川町1-6

tel 072-626-2446

平日 AM8:00〜PM4:00

COMPASS