82回目の終身刑 サポートベーシスト マカ 「それぞれの音、十人十音」

サポートベーシストとして活躍中のマカさんに、使用機材や音作り、プレイスタイルについてインタビューをさせていただきました!


ベースについて


”なぜSagoのベースを選んだのでしょうか?また、そのきっかけはありますか?”


一度Sagoのベースを試奏したことがありまして、その時の音がとても良かったという事と、国産メーカーでオーダメイドの受付もしているということ。

私自身が兵庫県に住んでいるので、尼崎にあるSagoの工房に実際に足を運ぶ事ができるということで決めました。


”弾き心地や重量はいかがですか?”


このベースは私自身がオーダーしたモデルで、実際に試奏したモデルの重量は軽かったのですけど、音鳴り、感覚をベストにしたかったので、このベースは重量のあるボディ材に変更しました。

Sago Bass / MAKA Order model


”試奏したモデルと実際にオーダーしたベースでの悪い意味での違いなどはありましたか?”


悪い意味での違いは、ありませんでした。

ただ、以前試奏させていただいた既製品とは違い、オーダーしたベースは、ボディ材を変更したことで、音に太さとハリが出ました。

それによって、より自身が求める理想の音に近づきました!


”ピックアップにもこだわりを?”


Sago自体にピックアップが2種類ありまして、外国産のピックアップと国内産のピックアップを工房の方から2種類から選べると言われ、私自身のジャンル的にも、ジャズやJ-POPに合うものがいいと思い、通常のシングルコイルよりターン数を増やしたピックアップを選びました。

音としては、かなり現代的というか、取り回しが良いですねー!


必要としない音域はカットし、低音から高音までをバランス良く出力しているので、アンサンブルの中でも埋もれず存在感が出ました。


”音作りでのベース自体のつまみは?”


Sagoのベース自体、トーンのハイが強調されやすいので、曲によってライブ中に手元で調整する事もありますし、ライブハウスの音の傾向によって微調整をしたりもします。


”使用している弦はどのモデルですか?”


R COCCO ( リチャードココ ) を使用しています。

ゲージは45-125です!

この弦は自分が使ってきた中でも、ベース本来の音を忠実に引き出してくれるので、愛用しています。

特に張りたての音がとても良いので、かなり頻繁に交換しています。

常に張りたての音を維持したいので、弦がベースに馴染んできたら交換しています。

R COCCO (リチャードココ)/ RC5C N BASS 5-STRINGS

NICKEL ROUND WOUND


”マカさんのベースについてのこだわりとは?”


今は5弦ベースを使用していますが、特に5弦ベースにこだわっている訳ではないんです。

自分の求めている音を忠実に再現してくれること。

スペックによって変わってくる事もあるかと思いますが、私のセッティングで弦高を高くすることが多いので、弦高を高くしても弾きやすいことを重視しています。

あとはネックの太さです。

ネックが細すぎると弾きにくいという事もあるので、基本的にはネックが太いモデルを使います。

もちろん、今使っているベースのネックも太めでオーダーしています。


”以前、Sagoのネックが一度折れたことがあると聞きましたが、その時に違うベースの購入は検討しなかったのですか?”


それはなかったです。

やっぱりオーダーしたという事もあり、私が知っている中では一番自分の音を忠実に再現してくれるので、修理して使えるのであれば、使いたいですし、何より愛着もありました。

使い勝手がわかっているという事もあり、ずっとこのモデルがいいなと思っています。

ネックの修理が終わるまでは、サブで「Spector」というメーカーのエクスプローラーの5弦ベースを使用していました。


エフェクターについて


”ZOOMのB3というベース用のマルチエフェクターですが、これを使用している理由などはありますか?”


私自身、あまりエフェクターは必要としてはいないのですが、時と場合によっては、少しコンプレッサーをかけたいと思ったり、「ちょっとこのアンプ合わないな」と思った時にアンプシュミレーターを使いたいと思うことがあるんです。


このマルチエフェクターは、コンプレッサーもアンプシュミレーターも搭載されているので、アンプでの音作りで納得がいかなかった時に、あくまで味付け用として使用しています。

用途としては、アンプシュミレーター、コンプレッサー、あとはどうしても出力が足りないと思った時はブースターを使用して音を前に出しています。


もちろんチューナーもついていますし、色々利便性があるということでこれを使用しています。

必要ないと思った時はアンプ直で鳴らしています(笑)。


あとは、ルーパー機能が搭載されているので、コードを弾いたり、リズムを入れて、自身のソロ回しなどの練習用で使うこともあります。

ZOOM ( ズーム ) / B3 ベース用マルチエフェクター


”ベーシストの多くはプリアンプを使っていますが導入の予定はありますか?”


プリアンプを使ってしまうと、そのプリアンプの色が強く出てしまう場合があるので、プリアンプの導入予定はないです。

個人的にはプリアンプを使うというより、ベース本来の音を最大限生かしたいというのもあります。


アンプについて


”EBSのFafnerを所持いていると思われますが、普段は使用しないのですか?”


そうですね、会場が広ければ使用したいのですが、私自身の交通手段が電車なので、機材車があれば、、、というところです。

それ以外は基本的には常設のアンプを使用しています。


”EBSを選んだ理由はありますか?”


とても感度が良く、音の立ち上がりが早いっていうんですかね?

レスポンスもとても良くて、弾いた音がそのままバッと出る感じです。

ライブハウスやスタジオに常設されているAMPEGやHARTKEとは全然違います!

あとは、ミドルがはっきり出てくれるというの事もあり、ラインでもかなり聴きやすく、とても使いやすいです。

ただ、出力がかなり大きいのでライブハウスでは少し使いにくいです(笑)

EBS ( イービーエス ) / Fafner II


”ライブハウスに常設されているのアンプを使う機会も多いと思いますが、その時に意識していることはありますか?”


鳴らし始めは、全てのイコライザーをフラットの状態にし、そこからアンプの出力や会場ごとでの反響や音域など、演奏する環境に合わせて音作りするということを主に意識しています。

例えばコンクリートの壁ならローが回りやすいので、そこでローをカットするなどして、調整するという感じです。

常設されているアンプに関してはAMPEGが使いやすいです!

AMPEG ( アンペグ ) / SVT-3PRO


”特に調整する音域等はありますか?”


ミドルとローは、アンプ側で特に調整することが多いです。

アンサンブルにも関わってくるので、ここは特に意識しています。

ハイはベース本体のツマミで調整しています。

お客さんの入りによっても変わってくるので、ローとミドルはリハで合わせて、本番の直前にハイを手元で微調整するという感じです。


”マカさん自身のアンプに対するこだわりとは?”


基本的にエフェクターと同じ考えで、このSagoのベースの原音に忠実で本来の力を最大限に引き出してくれるアンプがいいなと思っています。


”シールドや電源ケーブル、スピーカーケーブルにこだわりはありますか?”


今は特にこだわっている物は使用してはいないのですが、実は今、シールドとスピーカーケーブルを知り合いの工房の方にオーダーしていて完成を楽しみにしています!


音作りについて


”プレイスタイル、奏法は使い分けていますか?”


サポートを受ける事が多いので、バンドによって使い分けることが多いです。

ピック弾きが苦手というの事もありますが、基本的には指弾きが多いです(笑)。


”サポートするバンドによって音作りの違いはありますか?”


もちろんサポートするバンドのジャンルに合わせて音作りは変えています!

私が前に活動していたバンドでは、丸目でウッドよりの音に寄せようとしていたのですが、周りからベースをもっと前に出したいという意見があり、そこからミドルを上げてハイはあまり出さないように音作りを変えてみたり、個人の音というより、アンサンブルを重視したバンドサウンドというものを意識しています。

ちなみにラウド系のバンドのサポートをする時は、ローも強い!ミドルも強い!ハイも強い!みたいな感じでゴリっとしたサウンドにしています(笑)!


”マカさん自身が目指してる音とは?”


個人の音というより、バンドサウンドというものを意識し、そのアンサンブルの中でも埋もれない、フレージングを活かす存在感。

常に会場や環境は変わるからこそ、その場での対応力。

そして、音作りの基盤となるベース本来の音を最大限に活かす音を目指しています。


音楽性やルーツについて


”マカさん自身どういった音楽に影響を受けましたか?また、参考にしたプレイヤーはいますか?”


音楽はジャンル問わず、幅広く好きで、もちろんメタルやクラシックも好きです。

その中でも特に好きなのがジャズ、歌謡曲、ブラックミュージックで、

す。

実際に今の私のプレイスタイルを作り上げた要因だと思います。

参考にしたプレイヤーに関しては、演奏やパフォーマンスを観て上手い!カッコイイ!と思う事はありますが、あくまで自分のプレイスタイル、やり方を貫きたいので、参考にしているプレイヤーは実はいないんです(笑)。


”新しく自分のプレイスタイルを構築していく中で、自分の武器とは何ですか?”


多くのジャンルの音楽を聴いたり弾いたりしている中で、ウォーキングベースが主流になっていたり、ラウド系ならチューニングを下げたサウンドだったり、様々なバンドのサポートを経験してきました。

そこで様々なジャンル、プレイスタイルを得る事ができたので、そういったものを融合し、自分でしかできないフレーズや音を作っていく事を武器にして磨いていきたいと思っています。


”マカさん個人として今後目指しているの事とは?”


サポートをすることが多いので、どんな要望が来ても100%要望に答えれるようなベーシストでありたいです。

その中でフレーズを聞いただけで「あっ、これマカちゃんのベースやん」ってわかってもらえるようになれたらなって思ってます。

日本で言えば「亀田誠治」、ギタリストなら「田渕ひさ子」みたいな存在になれたらなと思っています。

今日本では、誰もが知っているベースヒーローというのがいないので、そういう存在に私自身がなりたいです。

あと、今後は作曲活動も行っていきたいと思っています。

作曲をする事によって私自身がいた界隈だけではなく、様々な人に出会うきっかけになりたいと思っています。


以上インタビュー。


セッティングは至ってシンプルではありますが、マカさんが自分の音を再現する上でオーダーしたSagoのベース本来の音を最大限に引き出す事をテーマに音作りをしているマカさん。

今はサポートベーシストとして活躍していますが、今後の彼女自身のバンド、作曲活動による新たなアプローチも楽しみにしています!

2013年3月にツインボーカルキャバレーバンド「aomidoro」(アオミドロ)を結成し、Ba/Voとして参加。

精力的な活動を行い、SOUND SHOCK2013にGUEST出演、SCOOBIE DO/ ザ50回転ズのツーマンライブのO.A出演を果たす。

2014年4月には1周年記念ワンマンを開催し100人を動員。

MINAMI WHEEL2015、2016と2年連続出演する。

MINAMI WHEEL2016では、入場規制。

2016年4月、6月、8月、11月にaomidoro企画「新夜徘徊」を開催し、全イベント100人以上の動員に成功する。

2017年4月にaomidoro pre.「ナイトクルーズSHOW!!!」を開催し、12月にはaomidoro ONE WAN SHOW!!!を開催し、大成功を収める。

2018年4月には初全国流通盤として「秘録と浪漫」をリリース。

2019年1月無期限活動休止を発表。

現在は「82回目の終身刑」のサポートの他にもジャンルにとらわれず、様々なバンド、シンガーのサポートベーシストとして活躍中。

​other CONTENT

about COMPASS

​大阪府茨木市小川町1-6

tel 072-626-2446

平日 AM8:00〜PM4:00

COMPASS