世界に1本!自分だけのオーダーメイドモデル!!


好きなアーティストモデルに近い音を出したい、自分が求めているスペックの物が市販で販売されていない場合や、純粋に他には無い独特なシェイプのモデルが欲しいなど、色々な理由があるかと思われます。

今回はそんなオーダーメイドに対してのメリット/デメリットについて触れてみようかと思います!

*オーダーメイドのメリット

納期こそかかりますが、ボディのシェイプから木材、ブリッジ、デザインまで細かい仕様まで自分で選ぶ事ができ、世界に一つの自分だけのモデルを作る事ができます。

例えば、ピックアップはテレキャスター仕様だけど、ブリッジはフロイドローズにしたい!という贅沢な要望も叶えてくれます!

*オーダーメイドのデメリット

市販で販売されているスタンダードなモデルと比べると、やはり値段は高額になってきます。

市販のモデルの価格が¥150,000-だとすると、オーダーメイドになると同じスペックでも¥300,000-程必要になってしまう場合もあります。

オーダーから完成までの納期も長く、試奏ができないのが何よりのデメリットかと思われます。

木材一つ一つの個体差もありますし、いくら自分好みのスペックでオーダーしたとはいえ、完成品の音が100%自分好みの音になるとは限りません。

高いお金を払っていざ完成品を弾くと「思っていた音と違う、、、」というのもよくある話なのでオーダーする時は注意が必要です。

こうやって見てみるとデメリットの方が多く感じられますが、実際にオーダーメイドをして納得のいく仕様、音だったのなら、それは間違いなく一生物の一本になるのでは無いでしょうか?

デザインや仕様にこだわらず、音、弾きやすさを重視するのであればスタンダードモデルを沢山試奏して自分好みのモデルを厳選する事をおすすめします。

*どのメーカーでオーダーするべき?

オーダーメイドができるメーカーは多数存在しますが、特に最近人気なメーカーはFUJIGEN、dragonfly、 COMBAT GUITARSといったところでしょうか。

FUJIGEN

ボディシェイプはスタンダードな物で決められていますが、比較的安価で、納期はおよそ1.5ヶ月と短いです。

ネックに対してフレットが少し楕円に描かれたサークル・フレッティング・システムは、オクターブ上のポジションの音程を安定させてくれるので、最終フレットまで正確な音程を得る事ができます。

ハイフレットに行くにつれて指板Rが緩くなっていく精度の高いコンパウンドラジアス指板も導入されていますので、ビビリやチョーキング時の音詰まりも少なくなっています。

dragonfly

特殊なシェイプのBORDERやMAROONが人気で、ダウンチューニングで弾く事を前提に作られた666スケールのギターは、全弦1音下げチューニングでもレギュラーチューニングで弾いているかのようなテンションを得られます!

特にラウド系ギタリストから支持が多いメーカーで、レコーディング用で使用される方も多いです。

COMBAT GUITARS

価格以上の作り込みと評判が良く、スタンダードなシェイプ以外にも自分好みの特殊なシェイプのオーダーも可能となっています。

細かいスペックの指定もでき、WEBページからオーダー見積もりもできるので是非一度お試しください!

以上、今回はオーダーメイドのメリット/デメリットについて触れさせていただきました。

今後オーダーメイドを検討されている方、新しくギター 、ベースの購入検討をされている方は参考にしていただければ幸いです。

​other CONTENT

about COMPASS

​大阪府茨木市小川町1-6

tel 072-626-2446

平日 AM8:00〜PM4:00

COMPASS