スネアドラムの選び方

ドラムセットの主役と言われているスネアドラム、通称「スネア」ですが

使用頻度が高く、音の個性がはっきりする楽器なので、ドラムセットの機材の中で一番最初に購入する方が多い印象です。

ただ、スネアは他の機材に比べ種類が多く、どれを選べば良いのかわからないという方が大半かと思われます。

今回は、スネアを購入するにあたって抑えておきたいスネアの特徴について触れてみたいと思います!!

スネアのシェルについて

シェルはいわゆる、スネアの胴の部分を指します。

音に一番影響のある部分であり、選ぶときのポイントは2つです。

• 材質(金属or木)

• サイズ(口径=幅と、胴=深さ)

パーツは基本的に交換可能なのですが、シェルは交換不可となっているので慎重に選ぶ必要があります。

まずは材質によって音がどう違うのか説明させていただきます。

金属製のメタルシェル(金属胴)

「スパーンっ!」や「カツーンっ!」という抜けるような音が出ます。

全体的にレスポンスが良くて音量が大きく、明瞭感のある音色にパワフルで固い音が特徴的です。

ロックやメタルなどの激しいジャンルと相性抜群です!!

また、天候にあまり左右されないというメリットもあります。

木製のウッドシェル(木胴)

「っパーン」や「っターン」みたいな柔らく落ち着いた音が出ます。

音量などはメタルシェルに敵わないものの、温かみのある音色はウッドシェル最大の魅力となっております。

材質が木なので使い込んでくと形が若干変わって、音も変わります。ジャズやポップ、バラードで使われることが多く、ロックでも適応してくれます。

シェルのサイズについて

スネアのサイズは「14インチ×5インチ」のように表記されており、この「14インチ」にあたるものが口径(幅)で、「5インチ」に当たるところが胴(深さ)となっております。

口径(幅)

一般的な幅は14インチとなっており、口径が大きければ大きい程ピッチが低くて重い音が鳴り、口径が小さければ小さい程ピッチが高くて軽い音が鳴ります。

胴(深さ)

一版的な深さは5インチ~6.5インチとなっており、 胴が深ければ深いほど、ピッチが低くて太い音が鳴り、胴が浅ければ浅いほど、ピッチが高くてとがった音が鳴ります。

以上、今回はスネアの選び方をご紹介させていただきました!!

スネアの購入にあたっては「シェル」についてだけ分かっていれば問題ありませんので、今後新しくスネアを購入しようと検討されている方は、この記事を参考に楽器屋で試奏していただければ幸いです!

​other CONTENT

about COMPASS

​大阪府茨木市小川町1-6

tel 072-626-2446

平日 AM8:00〜PM4:00

COMPASS