ギター弦の選び方

皆様はエレキギターの弦にこだわっていますか?

弦は消耗品でエレキギターを弾いていると、弦が切れてしまったり、錆びて古くなったりと交換が必要になります。

そこで新たに弦を購入する事になるのですが、種類が多すぎてどれを買えば良いのかわからない方が多数ではないでしょうか。

今回はメーカーによってのエレキギター弦の特徴、おすすめなモデルを数点ご紹介させていただきます!!

ERNIEBALL Regular Slinky

定番中の定番であり、世界中のギタリストから愛用されているエレキギター弦。

ERNIEBALLの特徴とも言える張り替えたときのブライトなサウンドは、アタック感があり音抜けの良いサウンドでシングルコイルのピックアップを搭載したエレキギターと組み合わせると、その良さをより一層引き出してくれます。

弦の押さえ心地は、適度な硬さと程よいテンション感があり、指への負担が少ないため初心者の方が選んで間違いないという所もこの弦の良いところです。

定価¥430(税抜)でお手頃な価格かつ安心のクオリティーのため、初心者の方にもおすすめなエレキギター弦です!

DADDARIO EXL115 XL Nickel Round Wound Blues

レスポールなどのミディアムスケールのギターと相性が良いと言われているモデル。

音が太く、歪ませても一音一音つぶれず適度なテンションがあるモデルとなっており、他のメーカーと比べ、各弦のゲージの組み合わせが特殊なのが特徴的です。

半音下げなどのダウンチューニング用にもオススメできる弦となっております。

ストラトキャスターなど、ロングスケールのギターにレギュラーチューニングで張ると、テンションがキツくなってしまうので注意が必要です。

定価¥480(税抜)で、チューニングの安定性も良いのでフロイドローズを搭載した激しいアーミングをされる方やダウンチューニングが主体のギタリストの方におすすめです!!

GHS GBL BOOMERS 6-STRING - Light

「パワーストリング」と呼ばれ、その力強いサウンドはあらゆるジャンルのプレーヤーに愛用されています。

明るい音色にロングサスティーン、パワフルで張りのあるサウンドが特徴的で耐久性も良いです。

低音弦の音に輪郭があり、ギターのボディを鳴らしているのが伝わってくるのもこの弦の良い所です。

他のメーカーと比べ、弦が伸びきるまでに少し時間がかかる印象があるので、ライブなどに合わせて張る場合には2、3日前に張ることを推奨します。

定価¥440(税抜)で激しいロックサウンドと相性が良く、バッキングフレーズをメインに演奏される方におすすめです!!

SIT STRINGS S1046 LIGHT POWER WOUND NICKEL ELECTRIC

SIT STRINGS社独自の「ステイ・イン・チューン加工」により、チューニングの安定性が向上し、ハードなピッキングにも耐えられる頼もしい弦です。

すべての音域においてバランスが良く、クセがないのでアンプでの音作りがしやすいです。

他のメーカーと比べ、弦を交換した直後でも、チューニングが素早く安定してくれるので快適なプレイが可能となっております。

定価¥480(税抜)で販売されており、バンドのツアーなど、ライブ本数の多いギタリストの方におすすめです!!

ELIXIR NANOWEB Light #12052

従来の弦と比較して、非常に長寿命なELIXIRのギター弦です。

NANOWEBコーティングは、コーティング弦であることを感じさせない、ナチュラルなタッチ、ブライトで迫力のあるサウンドが持ち味です。

通常の弦を使用されている方の平均交換スパンは、1ヶ月に2回と言われていますが、コーティング弦は全く錆びないので、3ヶ月変えなくてもずっと使えます。

定価¥1,070(税抜)と、他のメーカーと比べると値は張りますが、3ヶ月に1回の張り替えだと考えれば安く、弦にお金をかけたくない人にこそおすすめなモデルです!!

以上、数点ではありますがご紹介させていただきました。

ギター弦は消耗品とはいえ自分自身のプレイスタイル、音作りにも影響のある部分ですので、今後ギター弦を張り替える機会があれば、是非この記事を参考にしていただけると幸いです。

​other CONTENT

about COMPASS

​大阪府茨木市小川町1-6

tel 072-626-2446

平日 AM8:00〜PM4:00

COMPASS