JC-120を使いこなそう!

ライブハウスや、スタジオで常設されているコンボアンプのRoland JC-120ですが、

音作りが難しく、多くの方が苦労されているのではないでしょうか?

僕も昔はJC-120をメインに使用していた時期があり、色々なエフェクターを接続し試行錯誤しましたが、中々納得のいく音を作る事ができませんでした。

今回はJC-120を使用するにあたってコツをご紹介させていただきます。

特に歪みに関して悩まれている方が多いのではないでしょうか?

実はJC-120の付属の歪みはキーボードに向けた歪みなのでギターを接続して使用するに当たってはあまり向いてはいないのです、、、

ですので、まず歪みエフェクターやアンプシュミレーターは最低条件として必要となってきます。

歪みエフェクトをかけたとしても、トランジスタアンプなので真空管アンプと比べると音が硬く、思った通りの音が出せないという声をよく耳にします。

ですので特に歪みエフェクター、アンプシュミレーターはこだわった方が良いです。

ちなみに僕はアンプシュミレーターをリターンから接続して鳴らしていました!

そして、ご存知の方も多いかと思われますがJC-120を使用するにあたって何点か裏技がありますのでこちらもご紹介させていただきます!

①チャンネルリンク

JCには4つの穴がにあり、ギターの出力によって挿し分けられるようになっいます。

2つのチャンネルを同時に責めることで幅広いサウンドメイクができるようになります。

8通りの接続方法があリますが、ギター→チャンネル1のLOW→チャンネル1のHIGH→チャンネル2のLOWでリンクをするのがおすすめで、音が格段に太く鳴ります。

②ステレオ効果

「VIB」モードにし、RATEとDEPTHのつまみは0にする。

コーラスを使うことなくステレオ効果が得られます。

マイク撮りで使うと少々苦労しますが、アンプ正面に立って聴けば違いがわかるかと思われます。

③縦置き

アンプ側面を床になるように設置します。

ギターボーカルの方がよく

単純に横長の長方形が縦長になることによって、高さを稼ぐ事ができ、自分の音のモニタリングがしやすくなります。

JCは普通に置いたとき、キャスターが床につくのですが、側面を底にすると床との設置面積がキャスターと比べ増えるため、床に音が響くように鳴り、低音を稼ぐ事ができます。

ギターボーカルの方等がよく縦置きされているイメージがあります。

以上、JC-120の扱い方について今回はご紹介させていただきました!

ライブハウス、スタジオにはほぼ確実に常設されている機材なので、もし急に使用する時があれば今回の記事を参考にしていただければ幸いです。

​other CONTENT

about COMPASS

​大阪府茨木市小川町1-6

tel 072-626-2446

平日 AM8:00〜PM4:00

COMPASS