DIについて

皆様DIについてはご存知でしょうか。

DIとは「ダイレクト・インジェクションボックス」の略で別名「ダイレクトボックス」と呼ばれたりもします。

主にライブハウスでライブをする時や、レコーディングスタジオで音を録る際に、エレキギター、アコースティックギターやベース、あるいは電子キーボードなどの楽器を、ミキサーに直接接続するための機械の事を指します。

今回はDIの役割について触れたいと思います。

インピーダンス変換

主にエレキギターやエレキベース等、ハイインピーダンス出力のものをミキサーの入力に直接接続する為、ローインピーダンスに変換します。

ハイインピーダンスのままミキサーの入力に接続してしまうと、ノイズが発生したり、高域が減衰するといった問題が生じる為、DIによってこの問題を回避する事が可能になります。

また、エレキギターやエレキベースの信号は、DIを通してミキサーに接続することにより、その楽器が本来持っているサウンドが得られるようになります。

ギター、ベース、キーボードなどのアンバランス信号を、バランス信号に変換することに

より、長いケーブルの引き回しでもノイズが載りにくくなるといった利点もあるのです。

シンプルに言えば、「ギターやベースを直接ミキサーに繋いでいい感じに音を出したい時に必要な物」であって、これがDIの役割になります。

DIのタイプ

パッシブタイプとアクティブタイプの二種類があります。

パッシブタイプ

トランスを内蔵しただけのシンプルな構造で電源が不要。

気軽に使用可能ですが、入力インピーダンスをアクティブ程高くすることができない為、エレキギターやエレキベース等、非常に出力インピーダンスの高い楽器に使用する場合には注意が必要です。

アクティブタイプ

9V電池やミキサーからのファンタム電源が必要となりますが、入力段にFETなどのトランジスタを搭載し、十分な効果と安定性を得られます。

現在はこちらのアクティブタイプがライブハウス等では主流となっています。

プリアンプ搭載モデル

DI機能だけにとどまらず、近年では積極的に音作りができるプリアンプ機能を持たせた製品が増えています。

特にベーシストの方でDI機能が搭載されたプリアンプの持ち込みが多く、上記のSamsAmpや、最近ではAVALONといった高品質なDIを持ち込みをされる方が増えてきております。

AVALONに関しましては値段も高く、人気の高いDIとなっておりますのでまた近々別の記事でご紹介できたらなと思います!

基本的にDIは、ライブハウスやレコーディングスタジオに常設されている物なので自分で購入してまで準備する必要はないと思いますが、DI自体種類は沢山出ており、物によって勿論音の傾向も変わってきます。

DI自体は楽器屋では定番モデルしか販売されておらず、レコーディングエンジニアの方やライブハウスPAの方も常備機材のDIでの音作りに慣れているため、自分のDIを持ち込む時は入念な打ち合わせが必要と思われますのでご注意ください。

以上、DIに関して説明させていただきました!

参考にしていただけたら幸いです。

​other CONTENT

about COMPASS

​大阪府茨木市小川町1-6

tel 072-626-2446

平日 AM8:00〜PM4:00

COMPASS